2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

ギラヴァンツはお気に召さない?

9/19、大阪ダービーを勝利した余韻と疲れを引きずりつつ早朝から福岡旅行へ。

旅の日程としては、初日小倉から門司港に移動し、連絡船に乗って下関へ。
そこで本場のふくを食して門司港に戻り観光と焼きカレーの御昼食。
で、その後この旅のメインイベントとしてがっつり組み込まれていたのは・・・

「ギラヴァンツ北九州×ファジアーノ岡山」の一戦♪
久しぶりの旅スタ、見た事の無いギラヴァンツってんで楽しみにしてました。
最寄り駅の折尾駅からバスに乗って、本城陸上競技場へ。

バスを降りてスタジアムに向かった私達を迎えてくれたのは、
「お~かやまです、おかやまです、岡山岡山岡山です、もっかい言うけど岡山です」
と言う、も~もたろうさん、ももたろさんのメロディーで歌われるチャント。
しつこいくらいアウェーで岡山をアピールするチャント、なかなかやりますな~。

しかしガンバが絡まない試合と、ピンクの試合以外は基本ホームを応援する
スタンスを取っているんで、今回もバックスタンドのギラヴァンツ応援団寄りで観戦。

Dsc00941

ギラヴァンツ応援団。う~ん、ちょっと寂しい・・。

Dsc00940_2

ファジアーノ岡山の応援団の方が連休ってのもあってか多かった。

スタジアムは正直イマイチで、バックスタンド側はベンチシートの間は広く
ゆったりとしてるけど、傾斜が緩くて見にくいし、売店もスタジアム内に無けりゃ
トイレも外に仮設があるだけ。TOTOがスポンサーなのにこんなんでいいの?

そして電光掲示板も無いので、すべてはこんな感じで手動。Dsc00943

ここで気になったのは、ギラヴァンツ北九州のチャント。
そんなに数も多くないけど、出てくるのは北九州と言うフレーズばかりで
ギラヴァンツって言葉は一切出てこない。なぜ?
ギラヴァンツって結構いいと思うし、なぜ使わないのか不思議に感じました。
ニューウェーブの方が愛着あるとか・・・?

試合の方は岡山に先制され追いついて、勝ちこされ追いついてと言う感じで
なかなか面白い展開だったが、結局2-2のドローで終了。

Dsc00945

大量得点だったら、変えるの大変だね・・・。

等々力にルーカス弾轟く

いや~、お互いに一歩も引かない厳しい試合でしたね、昨日は。
お陰で肩が凝って肩が凝って・・・(;´д`)トホホ…

中澤のヘッドで先制したものの、黒津に抜けだされ同点ゴール。
ガンバ仕様とはいえ、毎回のように先制しても振り出しに戻るのにはがっくりgawk

1-1で折り返した後半、一進一退の攻防が続き、一瞬も気を抜けない試合の
成り行きを固唾をのんで見守っていたが、残り時間もいよいよわずか。
そんな時、ドカン!と等々力にルーカス弾が轟き、ようやく勝ち越しに成功♪

後はもう、きっちりボールをキープして試合をクローズしてくれれば・・・
って何か危なっかしいんですけど~!
ロスタイムの3分が永遠の様に長く感じて、胃がキリキリ痛んだが、
無事にそのまま試合終了。は~、疲れた~dash

等々力で勝利を上げたのは、なんと2005年の優勝した時以来!
5年も等々力の呪いを解く事が出来なかったが、ようやく勝つ事が出来た。
これで順位も3位、本来の場所であるピンクの上に行く事もできた。

首位の名古屋との差は8と厳しい状況には変わりないけど、
とにかく目の前の試合を一つ一つ勝って行けば自ずと道は開けると思っている。
次は山形、こういうチームにきっちり勝ちきれないというガンバの悪癖を出さずに
確実にポイントスリーをもぎ取って欲しい。

大阪ダービーで決めチャ~った!

大阪ダービーの翌日、ガラガラ声のまま北九州に向かったりしてたんで、
今更的ではありますが、ダービーについて少し。

前半開始早々、宇佐美がピンクの人達とザックに向け青黒の至宝ぶりを
がっつりアピールするゴールを決めていきなりの先制。

こりゃ幸先いいぞ♪と浮かれてたら、ほどなく中澤のヘディングシュートが決まり
前半15分で2-0という、またとない展開。
今日は大勝もありえるかも~happy02とはしゃぐ反面、点を取るのがあまりに早かったので
なんとなくこのままでは終わらないような嫌な予感も心の片隅にはあった私。

そして前半終了間際にアドリアーノが退場処分となり数的有利に立つガンバ。
さすがに10人相手で2点リードしていれば、まずは大丈夫だろう・・・( ´,_ゝ`)うんうん

ところが後半開始早々に、立て続けにゴールを決められ追いつかれた時にゃ、
頭にカーッと血が上り、駆け寄って全員のお尻を蹴飛ばしてやりたくなったが
何とか必死で押さえこみ、応援を続ける。

そこから惜しいシュートが続くものの入らずに頭を抱える事数回。
で、ようやく待ち望んでいた勝ち越しゴールを決めたのは・・・

「持ってる男・安田理大」

100試合ゴールが無く、Jでは1点も取った事がない男が101試合目の
大阪ダービーで貴重なゴールを決めチャ~ってくれました♪
やっぱ何かもってるのか?この男。

その後はらしくない時間稼ぎもしたりしつつ、試合をクローズ。
ホーム万博での大阪ダービーは我らがガンバの勝利で幕を閉じました。

審判うんぬんや、10人相手に2失点とか、すっきりしない部分はあるけれど、
大阪ダービーでの勝利は、理屈抜きで特別な勝利には違いない。

「俺達が大阪さ と黒俺らだけ」

Dsc00930_3

土佐を喰らう・高知/桂浜編

放置プレーしてたお盆の高知旅行を完結せねばw

足摺温泉で一泊し、翌日せっかくなんで朝から近辺を散歩がてら観光。

Dsc00868

「白山洞門」という海蝕によって出来た洞窟で、天然記念物に指定されてるとか。
そのすぐ先に「万次郎足湯」なる結構立派な足湯施設があったので
そこにも立ち寄り、この洞門を眺めながら足湯をしばし楽しむ。

その後はまた路線バスに長々揺られ、中村駅へ。
高知へ向かう南風に乗り込む前に買ったのがこちら。

Dsc00872

前日、鰻を食した「ひら富」さんで買える「駅弁四万十」¥950

中村駅では駅弁らしいものは売ってない(コンビニ弁当みたいなものはある)ので
これを買おうと前日から決めていた一品。
注文してから作ってくれるので、若干時間はかかるけど出来たてほかほか♪
鰻に川エビにゴリの佃煮と四万十の幸が集結したお弁当です!

美味しい駅弁とビールを楽しんでる内に高知駅に到着。
ここで友達夫婦と合流し、車で一路向かったのは・・・
「龍河洞」http://www.ryugadou.or.jp/

ま、普通に鍾乳洞やろ?と思って行ったらとんでもない!
今まで訪れたどの鍾乳洞よりも狭くて低い通路を進んでいくのには、
大人でも冒険心がかなりくすぐられ、すっかり子供の様にはしゃげます♪

その後はまた車で移動し、「道の駅・やす」へ。
私が鉄子と知っている友人は、最寄り駅の夜須からごめんなはり線に乗って
高知まで出る事を勧めてくれたので、お言葉に甘えて乗車。

Dsc00884

アンパンマンの作者・やなせたかしさん(高知出身)の描くキャラでいっぱいの
「てのひらを太陽に号」に乗り、しばしローカル線の旅を楽しむ。

高知駅で再度友人と合流し、楽しみにしていた土佐料理のお店へ。
定番の鰹のたたきから、うつぼの唐揚げ、どろめや青さのりてんぷらなど
地元の味覚を堪能し、友人の接待に感謝しつつ二日目も終了。

翌日はバスに乗り桂浜へ。
Dsc00898

どどーん!と坂本龍馬像。さすがにものすごい人だかりw
ここでも高知名物、アイスクリンを食す。懐かしいねー、この味。
子供の頃よく行った、遊園地で買ってもらったアイスの味はこれ。

一通り桂浜を観光した後は、高知市内に戻り日曜市をそぞろ歩き
ひろめ市場で昼食。ここで鰹の藁焼きを提供しているお店の名が
「明神丸」http://ggyao.usen.com/0004012319/
みょうさんlovelyと変なガンサポ魂を発揮して、ここだけ並んでるにも関わらず
私も並んで藁焼きGET♪分厚い鰹からほんのり香る藁の匂い。美味しかった♪

最後は高知駅前でやってた土佐・龍馬であい博を時間潰しに観光して
(せっかく高知行くのにメインちゃうの!?・・・違います♪)
土佐を喰らい尽くす旅はこれにて終了。ごちそうさまでした!

彼はあの星を拾ったのか?

主力メンバーは軒並み離脱。中二日の新潟アウェー、ああ恐ろしや。shock
それでもやらねばならぬってんで始まった新潟戦。
目を覆いたくなるようなピッチ状態の悪さに、不安は更に募るばかり・・・。

前半、シュート数では新潟が上回るもどちらも点が入らぬまま試合は後半へ。
すると早い時間帯に新潟が先制点をあげる。むーん。(-゛-メ)
でも時間はまだまだある!
ここんとこ、先制されて勝った試合が無い気がするけど気のせいって事にする!

って事にしたら、割とすぐに和道が決めた♪
よっしゃ~、これでふりだしに戻った!後は追加点を取って逆転!!

しかし願いも虚しく、点が入らぬまま時間は刻々と過ぎていき後半ももう残り僅か。
そんなとき、あの男が決めてくれたんです!誰ってドドですよ、あ~た!!

角度の無い所から放ったシュートは、一瞬サイドネットを揺らしたように見えたが、
これがきっちり入っていて、喉から手が出るほど欲しかった追加点GET。

一緒に串カツ屋で観戦していたサポさんたち、みな立ち上がり大喜び!
小躍りしつつ、もう後は無事に試合をクローズしてくれるのを祈るだけ。
しかしこれが一番不安なんやけど・・・ι(´Д`υ)アセアセ

ロスタイムは4分、「長い~」「鹿島れ!」「むりむり(笑)」などわいわい言いつつ、
試合の行方を見守っていたが、恐れていたロスタイム失点も無く、試合終了。
厳しい条件での試合で意味ある勝点3を取る事ができた。

それにしても、ドドはこれで3試合連続ゴール。
いつも後半の終わりごろに投入され、時間があまり残されていない中での
連続ゴールは素晴らしいの一言。

少し前までハッシーの頭上に輝いてた無敵星、どこかに行ってしまったと
思っていたら、知らぬ間にドドが拾ってたんだろうか?

それならとりあえず・・次のダービーで点取りまくってその星を使いきってもいいよ♪

青黒の心は一つ

昨日の様な試合の後はなおさら考えてしまいがちではあるが、
たらればを考えだしたらキリがない。
ガンバがナビスコ杯敗退したという事実が変わる事は無い訳だし。
だから悔しいけど、過密が緩和されると思う事にしたw

そんな訳で試合内容の事は特に何も書きませんが、ゴール裏で感じた事を少し。
選手達が最後まで諦めなかったように、私達サポーターも最後まで諦めなかった。
誰も口には出してはいないけど、そのオーラが確実に私達を包みこんで、
全員の心が一つになってた気がしたねんな~、ほんと。

勝たせてやりたかった、ああいう状況になったからこそ。
私の胸にそんな迸る熱い思いが沸いて出てきたお陰で、いつも以上に叫び飛んで
足は筋肉痛でパンパン、おまけに右足首ぐねったしw

私でさえそんなダメージがあるんだから、選手達の精神的、肉体的ダメージは
計り知れないものがあるに違いない。

今は、次の新潟戦まであまり日が無いけど、出来るだけそのダメージが
回復してますようにと祈るばかりって感じです。

お土産は一つまで!

天皇杯で、大学生相手とはいえ日曜日開催で、3000人切るとは・・。
思わず万博って、ゴール裏ってこんなに広かったっけ?と思ったわ。
こういう試合を見に来てくれるサポがもっともっと増えていかんとね~。

いつもとは違ってゴール裏もスペースゆったりで、どうしてもまったりとした空気が
流れてしまうのは致し方ないかもだが、選手の方はもっとまったりしていた模様w

中一日でも元気いっぱい、パワー全開でアグレッシブにぶつかってくる大学生達に
押されとるやないか~!!
ガンバの方だって昨日はいつもよりだいぶ若返ったメンバーだったのに、
走り回る孫を追いかけるおじいちゃんみたいになってるやん、も~!p(`ε´q)

ようやく最初のゴールが生まれたのは前半30分、佐々木!
やれやれやっとかよ~って感じだったが、前半はこの1点だけで終了。

まさかやらかすとは思ってないが、もうちょい、ちゃちゃっと点取れんかね・・?

そんな事考えながら後半、ゴル裏に戻って荷物を置いて前を向いた瞬間に
平井の蹴ったボールがネットめがけて飛んできた!!おおっ(・oノ)ノ
(間に合わずに見逃した仲間、約二名)

ハーフタイムに西野にかなりゲキ飛ばされたのか、宇佐美が入ったからか?
こっからトントンっと得点を重ねて、あっという間に6-0。
試合前に大体大の応援団が「ガンバ~大阪、かかってこいや~」と歌ってたのに
ガンバサポが拍手で返してたのは、こういうことだからよ。分かったかな?

でも、優しいガンバの事やからきっとお土産の一つも持って帰らせると思ったら、
CKから失点。やっぱりww

でもお土産は一つで充分。簡単に2つ目をあげたのはいただけない。
優しいにもほどがあるっちゅうねん、ほんま。
ま、とにかくやらかしはせず順当に勝ち上がり、次は栃木SCとの対戦となった。

しっかし、ここでもイグノ決めれんか~!
ジェジンもようやく決めたのに・・・どうしてこうも決まらないのだろう?
サポ仲間が私に向かって、一言ぽつんと呟いた。

「あのゼでも1点取ったのに」

おっしゃる通りで~!!(ノ∀`) アチャー

帰ってきたルカゴール

今さらながらって感じですが・・・先日のナビスコ杯・広島戦について少し。

自宅では観戦出来ないので、いつもの串カツ屋で観戦。
お店に到着するとすでに試合が始まっており、スタメンが分からぬまま見始めた。

ピッチに何やら黒い人影・・明さん?いやっ!あれはルッコンじゃないか∑ヾ( ̄0 ̄;ノ
復帰情報は一切聞いてなかったのでびっくり!でも、待ってたよ~happy02

序盤、完全にガンバペースで試合は進み、後は点を入れるだけ!なんやけど、
またもや点が入らないまま前半終了・・・。

ハーフタイム中、私の頭の中では危険信号がチカチカと点滅。impact

決めるべき時に決まらん→徐々にペースダウン→点が入らないまま時間が過ぎる
→結局スコアレスドロー、もしくはロスタイム失点。こんな感じの構図が頭をよぎる。

そんな私の不安を吹き飛ばしてくれたのは、復帰初戦でいきなり決めてくれた
半日本人ルーカス!!
待ちに待った先制点を奪い、その後は追加点こそ奪えなかったが失点もせず、
無事勝利を勝ち取ることができた。

まだ万全と言えない状態のままの出場だったようだが、そんな状況でもきっちり
仕事をしてくれるところが素晴らしい。ただ無理はして欲しくないけどね・・。

アウェーゴールGETとは言え、1点ではさほど有利とは言えないかもやけど、
次は来週の水曜日、ホーム万博できっちり勝利して次へ進みたい。

最後にこの試合を見て、ハッシーの無敵状態が一旦終わった事を実感。
あの外しっぷりは、今までのハッシーだw

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »