2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

Muito Obrigada!

リーグのホーム最終戦、すっきり勝って今季限りでの退団するルーカスに
万博での最後の挨拶を気持ちよくさせてあげたい!と誰もが思っていたに違いない。
しかし結果はご存じの通り0-2の完封負け。

思い返したくも無いけど思い返してみれば、前半の早い時間に2失点した時点で、
この日の勝負は付いていたのであろう。
ゴール前を人数かけて固めたマリノスの守備を最後まで崩す事ができず、
ここにきて、痛すぎる敗戦を喫することとなった。

やるせない雰囲気が漂うままホーム最終節のセレモニーが始まり、
ルーカスのガンバで過ごしたこれまでの軌道のVTRがGビジョンで流された。
数々の想い出深いシーンを見ていて、思わず涙腺がゆるんでいたところに
ルッコンが目を潤ませながら挨拶し、思わずそのつぶらな瞳から涙があふれるのを
見たとたんに、私の涙腺も我慢できずに決壊。( ´;ω;`)ブワッ

もう少しあなたと一緒に戦っていきたかったけど、自分の意思で決意した事なら
それを止める事は私達には出来ない。
帰国後どうするのかわからないけど、いつまでも明るく優しいあなたでいて下さい。
心よりの感謝と愛をこめて、Muito Obrigada!
でも今年はまだ終わってないから、最後まで宜しくお願いします。m(__)m

さて、リーグ戦は残り後一試合。
鹿島、ピンクが共に勝ったため、鹿島には得失点差で抜かれてしまったし、
ピンクとも僅かに勝点1しか差が無い。
マリノスに勝ってりゃ、すでに3位以内は確定し、精神的余裕を持って最終節の
清水戦に臨む事が出来たのに、ケツに火のついた状態で臨む事になってしまった。
最後までハラハラドキドキを有難う!・・・なんて誰が言うかannoy

結局まだ風邪が完治しないままではあるが・・・
気の抜けた試合が出来ないように、アウスタまで叱咤激励に駆け付けるとしよう。
世話の焼ける奴らだぜ、全くw

最高の切り札

日差しはあるものの、風が強く寒さが身にしみる昨日の万博。
寒さも厳しくなる中、広島戦から中二日で続く試合日程を一緒にこなしてりゃ、
いつまでたってもひいた風邪が治るはずがないわなーw

そうは言いつつも、今年の試合も気付けば残りわずか。
寒い中選手たちも頑張ってるんだし、私ももう少し頑張るとしよう。
今日の相手は降格が決まった湘南、ここはサクッと勝利しておきたいところ。

・・・ま、サクッと勝てないのがいかにもガンバらしいんやけど。┐(´д`)┌ヤレヤレ

先制点があまりにも早い時間に入りすぎたかなとは思ったけど、
みていれば圧倒的にボールは支配出来てるし、これは大量得点も・・・♪
な~んてウキウキしてたのが段々とガンバと共にトーンダウン。
そしてお決まりの失点。(-゛-メ)

1-1のまま後半に入り、ルーカス投入で追加点を狙うガンバ。
しかしなかなか得点出来ないまま時間だけが過ぎていく嫌な流れ・・・。
こうなったら彼にお願いするしかないでしょ、で佐々木投入。
これがドンピシャ!で、待ちに待った追加点GET!(≧∇≦)
ここのとこ、佐々木の切り札としての働きっぷりが半端じゃない。
本人にすればもちろん先発フル出場が希望であるはずだが、
途中出場で流れを変えてくれる彼の存在は、今のガンバには欠かせない気がする。

そんな彼がもぎ取ってくれた点が決勝点となり、2-1で勝利。
危うくいくつか取りこぼすかと思った勝点を無事3つ積み上げる事ができた。
そして鹿島が負けた事により、ガンバは2位に浮上。
しかし、下位との差はほとんどない状態だし気は抜けない。

次のマリノス戦がリーグのホーム最終戦。
ぜひ快勝して終えたい、今季限りでお別れとなる愛すべきルーカスの為にも。

カ・イ・カ・ン・・・♪

ガンバ様、この度は私の我儘聞いていただいて有難うございました。
おかげさまで、真っ赤な埼スタが沈黙する様を存分に堪能させていただきました。

サポ仲間が声をそろえて言う、「埼スタは病みつきになる」
この言葉の意味がよ~くわかりました、確かに癖になりそう・・。
静まり返った赤いスタジアムに響き渡るガンバのチャント。あぁ、カ・イ・カ・ン・・・♪

前半は浦和に攻め込まれる時間が多く、決定的に危なかったシーンもあったが
神ガヤ、バーの守備に助けられ、何とか無失点に抑えられたのは大きかった。

後半に入り、一転ガンバペースになってきたなと思っていたらハッシーの縦パスに
抜け出したのはヤット。GKとの1対1を驚くほどの冷静さできっちり決めて、
浦和キラーっぷりをこの日も発揮。試合前に大ブーイングやったんもわかるわ~。
ま、そのブーイングも私の耳には賞賛の声にしか聞こえないんやけど♪

その後もCK時の浦和の守備が甘く、再三惜しい場面があるけど入らず、
宇佐美のフリーのシュートもはじかれたりと、あと一歩が決まらない。
しかし向うも相当決定力不足な感じで怖さは無い。
でも虎の子の1点を守りきるのは心配でしょうがないから何とか追加点を~!

そんな願いを叶えてくれたのはこれで3試合連続ゴールとなるルーカス!!
残り時間も少なくなっての勝ち越しゴールで浦和ゴル裏の応援の声がトーンダウン。
バックスタンドではぞろぞろと帰り始める人多数。

後はきっちりと試合をクローズし、無失点で試合終了。
風邪で体調はあまり良くなかったが参戦してよかった~(*^^)v

スタジアムから浦和美園駅までの間、赤と青黒が入り乱れて歩く様子は
数年前までなら考えられないと皆が言うが、何のもめ事も無く穏やかなもの。
最近はなにかと締め付けが厳しいからなのだろうか?

試合後は東京まで戻り、サポ仲間とプチ宴会。
もちろんお酒は美味しく、話も弾んでいい調子で大阪へと戻る事が出来ました。
って言ってたらもう明日は湘南戦、はやー!

なんか気の抜けた試合をしそうで、ちょっと怖いw

その延長危険につき

まず最初に一言。
「11月ナイター開催での延長は危険ですのでおやめください」凍え死ぬw

早々にJ1復帰を決め、先週末は試合なしで気力体力とも万全そうな柏と、
中二日での試合になる上に、最近は勝利していても今ひとつピリッとしないガンバ。
・・・何となくやらかし臭がw

それでも風邪引きの体に鞭打ち、寒い万博へ出かけるマゾっ気たっぷりな私。
とにかく90分で決着が付いて早く帰れますように・・・。o(_ _)oオネガイシマス
しかし私のそんなささやかな願いは全く耳に届かなかったようで、
120分たっぷり震えながらサッカー観戦をさせていただきました。

前半ポゼッションは取れてるものの、柏側の走り回ってボールを追い掛け、
玉際激しく競ってくる守備になかなか前にボールが出ない。
相変わらず得点の匂いがしないまま後半へ。

そして後半開始早々に柏に先制点を取られる。
やらかしちゃったよ、おい!
こうなると何が何でも点を取りに行かないといけなくなったガンバ。
一気に二枚の交代カードを切りルーカスと宇佐美投入で打開を図る。

しかし、イエロー連発も厭わない体を張った守備の前に決めきれない。
刻々と時間は過ぎ嫌なムード漂う中、切り札の佐々木投入。
これが功を奏し、後半も残り10分ほどになったところで佐々木が決め追いつく。

この勢いで逆転、そして90分完結~!
と、祈るような気持ちで応援をし続けたが残念ながら追加点は挙げられず、
試合は延長戦へ。

ここまで来て、前半から走り続けていた柏の運動量も落ち始めてきたところで
パクドンのファールでPKゲット。
これをヤットがフツーに決め、勝ち越し!

その上、レアンドロドミンゲスが二枚目のイエローで退場となり数的有利に立つ。
こうなればさすがに落ち着いて試合をコントロールできるようになり、
延長の後半で宇佐美&ルーカスのゴールで突き放し、4-1でフィニッシュ。

結果、ガンバは準々決勝に進出を決め、相手は浦和レッズと相成った。
準々決勝は12月25日のクリスマス。


まだどのスタジアムで行われるか決まって無いので参戦できるかはわからないが、
皆がイタメシだイルミネーションだ、チキンだケーキだと浮かれる日に、
ガンバを応援する事が、これにて決定w

我儘は百も承知で

11/14 万博での広島戦、19:30スタート、ぜってー寒い!!
これはかなりの寒さ対策せなあかんかなーと思案していたにも関わらず、
フタを開けてみたら、予想に反して暖かく日中は上着が要らないくらい。
試合中も応援に精出してたら汗をかくくらいで、これはほんとに助かった。

しかし試合の方は薄ら寒く、ここ最近に比べればまだマシ?ってレベルの入りで
相変わらずポゼッションは取れないし、前線でボールは収まらず、
全くといっていいほどシュートへ持っていけない。
あ~、まだループにはまってんのか?(;´д`)トホホ…

かと言って広島の方もさほど攻撃に迫力が無く、ゴールをなかなか割れず。
そんな時、ミキッチのパスミスからグノがフリーで受け、落ち着いてこれをゴール!
おぉラッキー、こんなパターン最近見た気がするけど、反対はいいねー♪

1-0で折り返し、後半。ルーカスが入り、前でボールは収まり始めるも
今にも得点に結びつきそうな感じでも無く・・・。
このままでは追いつかれるパターン?と心配していると、CKからルッコンヘッド!
私達のルカゴールのコールに答えてくれたように、コール後すぐ決めてくれました。

お陰でちょっと一息ついたが、その後もあまりピリッとしない状態が続く。
しかし守備面は割と安定しており、ガヤがゴールにしっかり鍵かけてたのもあって
結局失点もせず、2-0の完封勝利。

結構ずっと向こうが攻めてる感じなのに、何となく相手の攻撃をかわしつつ
数少ないチャンスだけきっちり決めて勝っちゃったw ってのがゲーム後の感想。
ある意味、効率的な勝利と言えるのだろうか?

ここにきて内容うんぬんよりまずは結果、と言う事は重々承知している。
承知はしているが、それでもやっぱりこういう試合は正直あまり面白くない、
と思ってしまうのは私の我儘?

我儘は百も承知でお願いです。今週末、初めて埼スタへ参戦します。
心の底からワクワクできる、これぞガンバ!な試合で勝利して、
赤に染まる埼玉スタジアムが沈黙するのを、私に見せて下さい。

青黒無限ループ

ここ最近のガンバの試合を見ていると、また同じ試合を見ているのか?
という錯覚に陥ってしまう。まるで無限ループにはまったかのよう。

久しぶりの黄金の中盤復活も、相手の厳しいプレスに以前の輝きは見れず、
前半は押されっぱなしで、これは点入れられるのはもはや時間の問題と、
ある意味覚悟して見ていたら、予想通り取られました・・・大黒にw
みなさん律儀に恩返ししてくれます。
一方、こちとら犬の嗅覚をもってしても得点の匂いを嗅ぎ取ることは無理~!!
な感じのまま、いいとこ無しで前半終了。

後半に入って宇佐美を投入したことで攻撃が活性化するのも、正直情けない話。
高校生が入らないと機能しない状況を先輩たちはどう考えているのだろうか?
CKから中澤ヘッドでようやく同点に追いつくも、勝ち越しはできずドローで終了。
勝てなかったというより、よく引き分けに持ち込めたなとの印象。

いつになったらこの同じ事を繰り返すようなループ状態は終わるのだろう?
なんとか一日も早く抜け出さないと、ACL出場圏内の3位以内も大いに危うい、
そんな危機感を感じてるのは私だけではないはず。

ポカスタでトリック オア トリート!

10/31(日)

前日、ガンバがホームで神戸に不甲斐ない敗戦を喫し、ずっと浮かない気分の私。
全くといっていいほどテンションが上がらず、何をする気にもなれなかったが、
すでにバスのチケットも手配済みで、しぶしぶ重い腰を上げ向かったのは鳴門。

お知り合いの徳島ヴォルティスサポーターの方に観戦招待券をいただいたので
二度目のポカリスウェットスタジアムへ。
前回は徳島駅から路線バスを使って行ったんですが、本数も少なく利用しにくい!
と訴えると、高速鳴門でバスを降りて徒歩で向かった方が早い!とお聞きしたので、
今回はそのルートを選択。

高速鳴門の降り場すぐにある観光協会で見つけたレンタサイクルを借りることにし、
昼食やちょっとした観光など挟みつつ、大雨の中ちゃりちゃりポカスタを目指す。
無事迷うことなく到着したのはいいが、とにかくすごい雨でげんなり・・・(;д;)

こんな雨の中でもすだちくんは満面の笑顔で観客の皆さんをお出迎え。

Dsc01061

徳島ヴォルティス側のゴール裏。

Dsc01071

対戦相手、アビスパ福岡側のゴール裏。

Dsc01068

ちっちゃくて全然分からないでしょうが、写真のど真ん中辺りにいるのは、
キャプテンマークを巻いた丹羽大輝。
              

Dsc01073

当日はハロウィンと言う事で、スタジアムはハロウィンの装飾に彩られ、
スタッフもみな仮装してムードを盛り上げる。仮装して見に来る子供達の姿も。
そしてヴォルタくんとティスちゃんも、もちろんハロウィン仕様。

Dsc01067

試合の方は前半はどちらも決めきれず0-0で折り返し、
後半福岡が先制するも、ほどなく徳島が追いつき、更に追加点を奪い逆転。
これは徳島勝つかも・・・と思ったが、やはりそう簡単にはいかない。
FWの高橋が胸トラップしたボールを落とす前に蹴り込むという技ありゴールで
再び同点とされ、更に終了間際に追加点を奪われ、結局2-3で終了。

この日はとにかく一日中どしゃぶりで、寒くて辛い観戦ではあったけど、
試合的には、なかなか見応えのある面白いゲームだったと思います。

最後に「味処あらし」
http://cgi.naruto-kankou.jp/cgi-bin/kankou/html/hp.cgi?mode=syoku&id=131
でこの日お昼にいただいた、「鯛御膳」¥1900のご紹介。

Dsc01051

大きくて分厚く、身が引き締まってぷりっぷりの鯛のお刺身に鯛釜めし、
小鉢が2品にデザートの梨まで!
そしてどーんとその存在感をアピールしているお味噌汁の中には、
たっぷりの鳴門わかめと鯛の切り身が入ってて、これがまた絶品。
機会があればぜひ訪れてみて欲しいお勧めのお店です。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »