2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

沈みゆく舟を見つめて

昨日行われた天皇杯・準決勝。
前人未到の3連覇で元旦に杯を掲げる彼らを見るために、今年最後の後押しをと、
早朝から仲間と共にエコパへ向かう。

Dsc01129

Dsc01132

Dsc01130

冷たい風が吹き厳しい寒さの中、負けたら終わりと身も心も引き締めて望んだが、
試合は3-0の完敗で終わった。

確かにガンバはヤットを出場停止で欠き、加地・中澤は怪我、下平は体調不良、
万全とは言えない状態にはあったことは確か。
その分その穴を埋めるほどの勝利へ賭ける気迫を見せて欲しかったが、
その点でも、昨日の場合は正直清水の方が勝ってたように思う。

早めに宇佐美を入れたり、佐々木、平井を投入して何とか打開を図ってはみたものの、
結局なすすべなく、試合終了の笛が鳴りガンバの天皇杯が終了する瞬間を
ただ見つめている事しかできなかった。

その様子は、なんだか老朽化の進んだ舟の様に私には見えた。
あちこち破損したり故障したりする舟を、とりあえずあるもので応急処置をしつつ、
だましだましながらも、何とかそれなりのところまでたどり着いてはみたものの、
最後には舟底に穴があき、左右のオールも失い、どうする事もできずに、
ゆっくりと沈んでいく舟・・・。

ここまで来たら3連覇して、元旦笑顔でルーカスを送り出してあげたかった。
最後の挨拶を終え、私達のコールにいつまでも振り返り振り返り手を振る
ルーカスの姿に、また涙がこみ上げた。
こんな形の最後になった事が、本当に残念でなりません。

そんな訳で、久しぶりの無冠でガンバの2010年シーズンは終了。
悔しいけれど、これも現実。
来年はまたACLもあることだし、オフはゆっくり休んで充電してもらって、
しっかりと来季に向けての準備をしていって欲しいと思います。

そしてガンバサポーターの皆さんも、今年一年本当にお疲れさまでした。
また来年も我らが青黒の戦士たちの為に、熱く応援頑張ってまいりましょう。
皆さん、良いお年を!

青黒ホワイトクリスマス

クリスマス当日、今日はもちろん大切な人とデート。
ふと気付くと、白い雪が空からひらひら舞い落ちてきた。
滅多に無いホワイトクリスマスに恋人たちのロマンティックムードは高まる・・・。

って感じのクリスマスなら雪も歓迎かもしれないが、今年一番の寒さを記録した
万博で時々吹く強風に震えあがってる私達にとっては迷惑以外の何物でもないw

これで試合が面白くなかったら身も心も凍えたまま帰る羽目になっていたが、
そこは青黒のサンタさんがきっちりプレゼントをくれました。

ヤットがまた浦和キラーっぷり発揮で、久々のFKからの直接ゴール!
一番決められたくないであろうヤットの先制に大いに盛り上がるゴール裏。
しかし一瞬皆がカカシみたいに突っ立った瞬間に宇賀神にゴールを決められ同点。

そのまま前回も真冬の延長は危険に付きおやめ下さいとお願いしたはずなのに、
結局またも延長に突入。

PKにもつれ込みむのだけはご勘弁、もう正直限界近いっす・・。
そんな危機を救ってくれたのは、我らがガンバの至宝、宇佐美!
その後危なっかしい時間を何とか乗り切り、見事準決勝進出を決めた。

しゃれにならないくらい寒い思いをしてホワイトクリスマスを万博で過ごした甲斐あり!
早速帰りにコンビニでエコパでの準決勝のチケットを買ったのは言うまでも無い。
元旦の国立参戦は無理なので、そこまでの後押しをしに行ってきたいと思います。

最後にクリスマスの番外編。
「もしも彼女がガンバサポだったら」

2010122621140000

相方へのクリスマスプレゼントはこんな感じに。
Panasonic ラムダッシュ カラー:もちろんブルー 

これで西野のようにダンディーになれる・・・かも♪

富士に願いを

ガンバ大阪の2010年リーグ最終戦inアウスタ。
前節不甲斐なく負けてACL圏内を確保できなかった為、絶対に負けられなかった。
それなら行くしかないと、もはや夜中か早朝か分からないくらいの時間に起きて
サポ仲間の車に便乗し向かったアウスタ。

静岡に着くころにはすっかり夜も明け、雲ひとつない晴天の中に広がっていたのは
青い空に映える、白い冠を被った富士山の神々しいお姿。

Dsc01102
関西圏に住む私には、滅多に見る事が出来ない光景に感動もひとしお。
思わず願わずにいられなかった、「今日は絶対に勝ちますように」と。

その試合の方は・・・一言で言うと非常に楽しいものでした。
負けられないと言う気迫がこちらにも伝わってきて、応援にも熱が入ります。
前半に我らのルーカスが決めてくれて先制点を取ったのはいいが、
ここで追いつかれたら元も子もない。
とりあえず最低ミッションはこのままで折り返し、と思って見ていましたが、
何と武井がJリーグ初のゴールを決めてくれ、2点リードで前半終了。

いい気分でハーフタイムに見た富士山のお姿はこちら。

Dsc01117

夕陽に赤く染まる富士山、幻想的で美しい。

しかしガンバサポならきっと思ったように2点リードはセーフティーでは無い。
後もう1点入れば・・・と思いながら後半応援していたが、正直負ける気はしなかった。
ヤットは多分80~90%くらいの本気モードに入ってたと思われ、
鬼の様に走ってボール奪取にいそしんでいたし、全体的に守備意識が高く、
ボールを追いかけガツガツ奪いに行ってたので、比較的安心して見ていられた。

そして今回も最強の切り札、佐々木がやってくれました。
私の目からは、切り返した時に若干トラップが長くなり、詰めてきてた相手DFに
取られそうに見えたので、やっちゃったかshockと一瞬思ったが、
ギリギリの所で落ち着いてゴールに流し込んでダメ押しの3点目。

この時点でゴール裏はもう優勝したかのようなお祭り騒ぎ。
誰もかれもが抱き合い笑いあい、はしゃぎまくり!(自分含む)
そしてそのまま失点する事も無く、試合終了。

隣より上の順位でリーグ戦を終える事ができ、とりあえずホッと胸をなで下ろした後、
湧きあがって来た想いは、すべてのガンサポ共通ではなかっただろうか?
「これができるんやったら毎試合せんかいannoy

ま、何だかんだ言いながらも、リーグは2位で終了しACL出場権を獲得できた訳なんで
私達もこれで心おきなくクリスマスまで英気を養えるってもんです。
なんか隣も出る見たいやけど・・・w

最後に、敵地ながらパル・コパルちゃんによるパフォーマンスが可愛らしく、
ついついカメラのシャッターを押す回数も増えた中、激写した一枚をご紹介。

「プーマ!!

Dsc01112

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »