2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

フタ子の部屋・チャリティーマッチ編

年々、フタに対する執着心が増している私。
その想いが通じてか、この度(勝手に)専属のカメラマンの獲得に成功!
・・・と書いていたら、今日彼自ら、「私の専属カメラマンだ」と言う発言を得たので、
晴れて合意の下ってことで♪

青黒の戦士たちの姿をカメラ片手に追い続ける彼が捉えたフタの姿をお届けすべく、
鉄子の部屋に続き「フタ子の部屋」を開設。
ただし、こちらもあくまで個人的趣味&妄想の世界ですので、あしからず♪

~チャリティーマッチ神戸戦編~

フター!後ろ、後ろー!!
長い髪でがんじがらめにしようと後ろから近づくらぶちゃんに気づかず、
ちょこんとのんきに座り込むフタ。それを見てダメだこりゃ、とぼやく中澤。
しかしそんな背後の喧騒は一切我関せず。
隣は、「僕、たぶんSB無理ちゃうかな♪」と、可愛く肩をすくめるスンヨン。

Dscn0808_r_6

                                  

更にズームアップして確認。
なぜか取ってつけたような薄ら笑いを浮かべているフタ、心は一体どこへ?

Dscn0811_r

ヤバい、韓国人コンビが何か言いたそうにこっちめっちゃ見てるし~。
目を合わさぬよう俺はひたすら前を向くのさ、キリッ。

Dscn0828_r

あ~、やっぱ一人が一番落ち着くわ~。

Dscn0837_r

Let’s support our friends

昨日万博で行われたガンバ大阪VSヴィッセル神戸のチャリティーマッチ。
通常の試合とは違うこのチャリティーマッチにどれくらいの観客が入るのか、
想像しにくい感があって心配してましたが、蓋を開けてみたら15000人近くの集客。

急遽組まれた前座試合の効果もあったのか?
たむけん率いる吉本芸人+ガンバOB合同のGO!JAPANチームと、
スキマスイッチ常田真太郎氏率いるSWERVESの対決は、
なかなか白熱した試合で、時折入るお笑いもいいアクセントで見応えあり。
そして久しぶりにピッチで見るOBの姿に感慨深い想いを抱いた人も多かったはず。

肝心の試合の方は、ご実家が被災している佐々木が先発出場で気を吐き、
開始早々に先制ゴール!・・・しかしすぐに追いつかれるw ナニヤッテンダヨー

相変わらずのやらかし具合に思わず苦笑。
結果は関係ない試合とは言え、やっぱり勝ってもらいたんやし頼むで、ほんま。
でもその辺りから押せ押せな感じになってきたな~と思ってたら、
前半30分に川西が追加点!

最悪そのままor更に追加点で勝利して試合終了といきたいところでしたが
終了近くになっての失点で結局は2-2のドローで終了。
ま、普段よりは怒らんけど・・・怒らんけどannoy

この試合で目を引いたのは川西から漂うゴールしそうなオーラ。期待大!
それと、横谷の数人に囲まれても跳ね飛ばしてキープするフィジカルの強さ。
ガンバにはそういうタイプはあまりいないし、もっと使ってみて欲しいなと感じた。
そして問題はやっぱ守備力。ここ数年続いてる課題は今年も続くのか・・・。

試合終了後、スタジアムの外では試合に出ていなかった選手達が、
ブースでチャリティーグッズを売ったり募金を募ってたりしていて、黒山の人だかり。
何とか見ようと飛び跳ねてみてもほとんど見る事さえ出来なかったので、
なぜか1人だけ道の真ん中で募金箱を持って立たされていた太くんに募金。
めげるな、太!

今回のチャリティーマッチでの募金活動で約450万円の募金が集まったそうです。
ガンバの試合も見れた上に、少しでも被災地の方々のお役にたてるんであれば、
こんな嬉しい事はありません。

2011032714540000

被災地の一日も早い復興を心から願っております。がんばろう、ニッポン!

応援できる幸せ

まず始めに、震災でお亡くなりになった方々の心からのご冥福をお祈りするとともに、
被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

日々TVで流される映像に心を痛め、何かできないものだろうかという想いはあれど
実際すぐに出来る事と言ったら、募金に協力する事くらいだろうか。
色々と考えてきたけれど、被害を受けなかった私達がまずしなければならない事は
きちんと今まで通りの生活をしていく事なのかもしれない、と思えてきた。
とかく暗い気持ちになりがちだけど、私たちまで俯いていても何も始まらない。
今まで以上に元気出していかないと!と自分を奮い立たせるように心がけている。

そんな厳しい状況の中、我がガンバ大阪は15日ACLアウェー天津戦を戦った。
選手を始め、スタッフの中にも身内や知り合いが被災している人もいるだろう。
実際、西野監督の弟さんは仙台にいるという事だった。

それでも彼らはプロとして、様々な想いを一旦胸にしまいこみ天津に乗り込んだ。
勝って日本を少しでも元気付けたいという気持ちは相当強かったはず。
しかしながら、それでなくても厳しい中国アウェー、のしかかる大きなプレッシャー、
それらすべてを跳ね返して、勝ちをもぎ取るだけの力は今のガンバにはなかった。
結果は非常に残念なものだった。それでもいつものようにガンバの応援をする喜びを
私達に与えてくれた事にはとても感謝している。

今後Jリーグの再開も目処がつかない状況にある。
一刻も早く、いつものように各地のスタジアムでサッカーの試合が行われ
たくさんの人々が自分の好きなチームの為に応援に駆けつける、
そんな日常の生活が戻ってくる事を、心から願ってやまない。

綺麗な顔では終われない

昨日の大阪ダービーに向けて、殴り続けて綺麗な顔で終わりたいと言う、
にしのんのコメントには大いに痺れたし(さすがドS)ぜひそうして欲しかったけど、
正直一発くらいはきっと殴られるんちゃうかとは思ってました。
またその殴られる相手が倉田秋とは、さすがのガンバクオリティーw

それでもこっちが5発6発と殴れたら良かったんだけど、珍しくヤットがPK外したり、
スンヨンが押し込むだけのゴールを外してしまったりなどもあり結局2発どまり。
大量得点でスカッと勝利!という感じにはならなかったのは残念ではあるが、
決して負けてはいけない試合に勝ったのだから、文句はやめにしようと思う。

しかしピンク色に染まるアウェーゴル裏に向けて我らがヤットのPKがつきささると
確信してた上でのまさかの失敗には、思わずひっくり返りそうになりはしたが、
そのお陰でヤットの鬼スイッチがONになり、結果自らその失敗を帳消しにする
勝ち越しゴールを決めたのだから、その辺はやはり流石というところか。

なんにせよ、開幕から初勝利までが遠くJ2行きまで頭にちらついた去年に比べ
ACLメルボルン戦で快勝、続くJリーグ開幕戦の大阪ダービーで当然の勝利と、
開幕ダッシュに成功できたのは選手にとってもサポにとっても良かったかと。

ダービーが終わったと思ったら次はアウェー浦和戦。
いきなり因縁の試合が続きますが、この勢いで勝ち続けていきたいところ。
(あちらさん、神戸に負けとったし・・ψ(`∇´)ψ)

またまた試合以外のお話。
ゴル裏に生息する私は、選手入場の時とかチャントを歌っててGビジョンとか
見れてないんで今回も全く知りませんでしたが、試合後録画を見てたら
フタが赤ちゃんを抱いて入場してるではないか~!(誰の赤ちゃん??)

その時のフタがとっても嬉しそうな笑顔なんだけど抱き方がぎこちなくて、
抱かれてる赤ちゃんはちょっと居心地悪そうな顔してるのが何とも可愛い過ぎるhappy02
今年もそんなフタにぞっこんな私です。

Dscn0628_2

サポ仲間がSB席より偶然撮ったと言う赤ちゃんを抱くフタのショット。
後ろ姿でも嬉しそうな様子が分かります♪ 
私がこの写真欲しい!とお願いしたら送ってくれました、ありがとね~☆

もう戦いたくないと言わせたのさ

「ピストル無しで 両手上げさせ もう降参と言わせたいのさ
      この世の中で俺達の事 一番だということの証に」 by・新チャント

とりあえずメルボルンには「もう戦いたくない」と言わせときました♪

2011シーズン初戦、ACL・メルボルン戦。
まだチームも完全に出来あがってきていない状態だろうと思われるこの時期、
正直こんな試合は想像しておらず、拮抗した試合になるかと。

ところが蓋を開けてみたら、前半15分くらいまでに3点を取るという祭り状態。
こうなりゃ取れるだけ取っとけ~!!
しかし、こうなるととたんに気が抜けたようになるのは相変わらずなガンバ。
PKを与えて1点返されたし、ぼやっとしてたらやられっぞ~annoy
2点差では安心できないガンバサポの悲しい性で、やきもきする時間もありましたが、
結局後半にフタ、そしてダメ押しのスンヨンゴールで5-1で終了。

新しいシーズンの幕開けとして良いスタートを切ることが出来てホッと一安心。
それ以上によかったのは新加入選手が順調にフィットしつつあるのが見られた事。
特にスンヨンはグノとのホットラインをすでに確立したかのように見えたし、
初戦でいきなり得点も決め、加入に懐疑的だったサポの心を一気に鷲づかみ。

昨日の5つのゴールはどれも嬉しいものではありましたが、
個人的に一番嬉しかったのはフタ。去年は調子が戻らないままで心配したけど、
昨日の試合では以前のキレが戻りつつあるように見えました。
それにしても、オットセイのようにボールをポンポンと頭でドリブルするフタちゃん、
・・・可愛かった♪

試合の話はこの辺にして、その他のお話。

今年もACLのMC担当はアラン、なんだか更にパワーアップしたような(笑)
智をMy Friendと呼び、(智は否定?)ノリノリでウィニーンガンバ!
相変わらず合わせにくいけど、そこもまたご愛嬌♪

チャントの変更、思った以上にやりにくい。
気を抜くと、今までのチャントを歌ってしまうので緊張を強いられる。
歌詞カードを片手に歌うとは、ゴル裏一年生に戻ったよう・・・。
冒頭の新チャント、「この空に輝く星があるように我らの街にはガンバが輝く」
の歌に当てはめるんですが・・・明らかに言葉数が多過ぎる。
ラップ的なノリで歌わないと歌いきれへんしーw
慣れるまでまだ時間がかかりそう、ダービーでグダグダになるのは嫌やなぁ。

そんなこんな。

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »