2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

目から汗が出るのは?

今日も朝から夏本番の厳しい日差し。
家から会社まで自転車でわずか10分ほどにもかかわらず、着いたら汗だく。

席について始業時間までの間、汗をふきふき青黒なブログをチェックしていたら
宇佐美のブログが更新されていたので見に行った。

・・・今日は暑さがハンパ無いから、目からも汗が出てくるわ~( ´;ω;`)ブワッ

バイエルン移籍に関しての彼なりの葛藤、小さい時から好きだったガンバへの、
そして応援している私達サポへの想いを綴る彼の言葉。

どうしてこんなにも胸にしみるのだろう?
飾り気は無いけど、本当のガンバ愛に溢れた言葉だから・・・かな。
あ~、また目から汗が出てきた。今夜も熱帯夜だw

「行かないで 言葉に出来ぬ この想い」

~G脚 心の俳句~

                           

おバカだけでいい

見せて頂きましたよ、目の前でガンバらしいおバカな試合をw

前半にヤット→中澤ヘッドでの1点、更にヤットのビューティフォーゴールで2点リード、
しかしガンバ仕様を忘れちゃいけないよと釘をさすロスタイム失点。

後半に入って、更に平井のゴールで突き放しにかかるもいやいやまだまだ、と失点。
それでも途中出場の佐々木のスーパーなミドルでとどめじゃ!
更に高木のヘディング押しこみで、どないや!

さすがに5-2やし、もう追いつかれる事はないやろ。
後は無理して点取らなくても、きっちりクローズして頂ければ・・・。

はい、またもや最後の最後に失点w

せっかく大量得点に湧くゴール裏の勢いをそぐ失点のお陰で最後は尻つぼみに。
なぜだ!?なんで守りきれない?
ガンバはザル守備だと言うけれど、そんなのザルに対して失礼だー!

お互いに点を取りあって、最終的に勝つバカ試合は一向に構わない。
だけど、おマヌケな失点は勿体ないの一言に尽きる。
これだけはほんま何とかならんのか・・・?

と、苦言の一つも出てしまう訳ですが、5回の横揺れが出来た事は素直に嬉しい。
あの蒸し暑さの中では、体力の消耗がハンパ無かったが・・・。

とにもかくにもこれでリーグ三連勝。
次はヤット大好き、浦和戦。
ここ3戦、鬼神のごとく活躍中のヤットが更に浦和キラーの異名を発揮してくれるか?

話は変わって、宇佐美のバイエルン移籍が正式発表されましたね。
もうわかってた事だし覚悟もできてると思ったのに、いざ正式発表を見ると、
自分でもびっくりするくらい、胸が締め付けられました。

もう少しガンバでの姿を見たかったし、一緒に何か一つでもタイトルを取りたかった。
でもガンバの至宝から世界の至宝として活躍して欲しい気持ちももちろんあったんで
バイエルンというビッククラブへの移籍がとても誇らしいのと同時に寂しいのとが、
入り混じった複雑な心境なんやな~、きっと。

同時に入籍報告も。
おめでとう、19歳にして人生の大きな決断を二つ同時にやってのけるあなたは
やっぱり私達にとって特別な人です。
どこにいようが応援してるから、その名を世界に轟かせて下さい。

俺達のガンバが帰って来た

試合中にも何度も口にしていたけれど、試合終了後改めて出た言葉。
「そう、こういうこれでこそガンバってサッカーを私はずっと見たかったねん!」

昨日行われた、J1リーグ首位を走る柏レイソルとの一戦。
少し前まではいいイメージを全く浮かべる事が出来なかったんですが、
マリノス戦で少し本来のガンバらしいサッカーに戻りつつある気配を感じたので
今後のガンバを占う意味で重要な試合と、かなり気合入れてのTV観戦。

結果、2失点はしたけど4得点と取られたら倍取りかえすガンバが復活。
それもセットプレーからとかでは無く、すべて流れの中からのゴール!

1点目の宇佐美→ヤット、DFかわしてのゴールも素晴らしいものだったし、
2点目のショーキはややごっちゃん的でしたがきっちり決めれたし、
3点目のイグノのゴールも角度の無いところからの技ありなゴールやったし
4点目の匠のゴール・・・正直入るとは思いもしなかったのに綺麗に吸い込まれた(笑)
すげ~よ、匠!Jリーグ初ゴールおめでとう!

思い返せば、これまで勝ち試合でもなんかすっきりしない事が多かった。
そしてガンバのサッカーを見ても面白いと思えなくなっている自分を感じたりもした。
このままだと、ガンバを応援し続ける気持ちが薄れてしまうんじゃないだろうか・・・?

だけど昨日の様な試合を見たら、そんなもやもやは一気に吹っ飛んで、
「やっぱガンバは最高や~!!」とはしゃぐ単純な私。
改めて、ガンバらしいサッカーはこんなに見ていて面白いと実感した試合となった。

さあ、次は日曜日にホーム万博での広島戦。
アウェーでボコられた苦い思い出が残ってますが、それを払拭しなくては。
これぞガンバな試合を、今度は目の前で見せて下さい。

フタ子の部屋・リーグ第16節横浜F・マリノス戦

今月号のGマガでフタの彼女の存在を知った。
ちゃんとそういう人がいたんだと言う安心感と同時に、何しゃべってるんやろ?
という、余計なお世話を考えつつ・・・今宵もフタ子の部屋、オープン!

今日はどの可愛い子に投げる?貴史はもう決めた?
宇佐美:「俺なんて2連続弾で狙い撃ちっすよ!」

Dscn2562_r

なあなあ、これって大道芸人みたいなんできるんちゃう?
ヤット:「やってみれば?」

Dscn2563_r_2

・・・やっぱ無理やわ。
加地:「そらそやろ。」

Dscn2565_r 

背が小さくても、このジャンプ力でカバー!
ブローロ「どう考えても足りてな~い」

Dscn2571_r

この着方やと、めっちゃウエスト細く見えへん?
高木:「俺はそんなことしなくても・・・」
ヤット:「え、ちょっと教えてや」

Dscn2589_r_2

6年ぶりに万博でマリノスに勝ったよ、オレ!(オレ!by スンヨン)

Dscn2596_r

完封~(やっぱり)なしよ

水曜日の仙台との試合を見て、何の光も見いだせないような状況に肩を落とした私。
そして中二日で迎えた昨日の試合、相手は苦手なマリノス・・。

サクッと負けるんちゃうやろかという恐怖を覚えながらも向かった万博。
しかし結果は、2-1で勝利!

アドリアーノが抜けたことがどう影響するのかが気になるところでしたが、
見る限りは閉塞感が緩和されて、いい方向に働いたように思えました。
(中東様、毎度お買い上げ有難うございます)

そしてこの試合で特筆すべきなのは、ヤット。
FK直接ゴール、CKヤット→智ホットラインと2得点に絡んでるのはもちろんですが、
攻守にわたり本気モードのパフォーマンス。

彼が輝きを放っているときは、意識して無くても自然に目が惹きつけられしまう。

時間も過ぎ後半もあとわずか、もしかしたら・・・もしかしたら今日って完封!?
な~んてちょっとでも思った私はおバカさん、例のごとくゴール前でごちゃついて失点。
その後もボールキープしての時間稼ぎが全くうまく出来ず、肝を冷やすも何とか勝利。

思えば勝ちを見たのは5/21の新潟戦以来。
久々の勝利にゴル裏も上機嫌で、いつまでも続くチャントで盛り上がっておりました。

さてお次は水曜日、首位に立つ好調柏との戦い。
相手の勢いに飲まれないよう、自分たちのペースで試合を進めて欲しいと思います。
個人的にはFW陣の奮起に期待、流れの中からのゴールが見たいぞ~!!

モヤっとボールを下さい

これ以上ないという程の屈辱に身も心も引き裂かれたラウンド16以来の万博。
その後も大雨の等々力でサヨナラ負けを喫したと、大きな精神的苦痛を抱えつつ
2週間の心の癒し期間を経て迎えた昨日の清水戦。
何と言っても最大の癒しはガンバの勝利、今日こそはお願いしますよ~。

前半お目覚めの悪いガンバにしてはテンポよく動けていたので、おっ!?
これは久々にいい感じかも・・と思っていたら、CKからアドのヘッドさく裂。
よし!これでようやく0-0だw

清水の方には特に怖さも感じないし、始終押し気味に試合が進んでいる時に
追加点を取っておかなければいけないんですが取れないのが最近のガンバ。
結局1-0のまま折り返し。

後半になってそのツケが一気に回ってくるとは・・・。
向こうのゴール前での出来事で、映像も見れて無いんで詳しい事はわかりませんが
ゴール前で一旦ガヤがはじき出した所を再度押し込まれて失点。
そのわずか数分後、右サイドライン近くからのFKがまさかのゴールであっさり逆転。

・・・思わず吐き気がw

あっという間の逆転劇に心へし折られそうになりつつも、まだ時間はある。
しかし惜しいシュートが続くも入らない、入らない、ああ、は・い・ら・な・い~!!!
そんなもどかしさを救ってくれたのは宇佐美のスーパーなゴール。
これで、一気にチームもゴル裏も活力を取り戻したように思えたけど、
再三のチャンスもゴールを割る事が出来ずに2-2のドローで終了。

勝てた試合だったと思う。
それだけにドローとは言え、負けたような悔しさを感じる。
パフォーマンスが悪かった訳でもないのでブーイングする気にはならないが
拍手で讃える気にもならず、何とも言えないモヤっと感が体の中にくすぶっている。

誰か私にモヤっとボールを下さい、思いっきり投げたいですw

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »