2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2-2=0 | トップページ | 1失点だよ、おっかさん! »

鉄子の部屋・熊本編

先週の連休を使って行った熊本は、鉄子的にも大満足な旅となりました。
写真の大部分は列車だと言っても過言ではありません(笑)

そんな訳で、久しぶりに鉄子の部屋オープン!

Dsc01785

新大阪⇔熊本間・新幹線みずほ(N700系/7000・8000番台)

Dsc01787

指定席は2-2の4列で広々。熊本まで約3時間、ゆったりと列車旅を楽しめます。

Dsc01788

博多駅付近で遭遇した、特急ゆふいんの森(キハ71系・72系気動車)
グリーンの車体がネーミングにピッタリ、一度乗ってみたい~!
しかし今回は車窓から眺めるに留まる。

ロアッソの試合を見た翌日は、熊本から人吉の方へと移動。

Dsc01837


熊本→渡間・特急くまがわ(185系気動車)
正直もっとしょぼいのかと思ってましたが、なかなかどうして!
内装も木目調でお洒落だし、シート間も広々。

Dsc01839


ワゴンはもちろん、記念撮影やスタンプ、飴の配布など車内サービスも充実。
球磨川沿いを走るので車窓からの景色もよく、快適、快適。

この列車は人吉まで行くのですが、一つ前の渡駅で降りて向かったのは・・・

「球磨川下り・急流コース」http://www.kumagawa.co.jp/
(どんだけ川下り好きやねん、て突っ込んだあなた!!・・正解♪)

私好みの手漕ぎによる舟下り、エンジン付きなんて情緒も何もあったもんじゃない~!

Dsc01852

時々来る急流のスリルを味わいながら、約1時間半の川下りを楽しんで
船着き場に到着。

ここでは事前にお願いしておくと、人吉駅名物の駅弁「栗めし」を用意してくれます。
それをお昼ご飯にいただきました。やっぱ列車旅には駅弁っしょ~♪

Dsc01873_3

甘い栗と炊き込みご飯、お煮しめにひじき、玉子焼きと至って素朴な味のお弁当。
これはかなり美味しかったです!人吉に行ったら是非!

さて、こっからが私の今回の旅のメインイベント。
また渡駅に戻って、今か今かと到着を待ちわびてましたら、
辺り一帯に響き渡る高らかな汽笛と黒煙と共にやってきたのは・・・

Dsc01896_2


渡→熊本間・SL人吉(8620型蒸気機関車/50系客車)

ずっと乗ってみたかった憧れの蒸気機関車、その凛々しい姿に痺れまくり!
(最近ガンバに痺れられてないしw)
嬉々として客車に乗り込む。

Dsc01926


レトロな内装が旅情を誘います。背もたれが直角で多少しんどいですが(笑)
ビュッフェもあって、SLグッズや車内限定のお弁当なども売っており・・
お腹いっぱいでしたが思わず購入w

Dsc01918


おごっつお弁当&小町麦酒。これまたレトロで雰囲気あります。
こちらのお弁当も素朴な味わいで美味しく頂きました。

途中の駅で5~10分の停車時間があったりするので写真撮影に走り回る。

Dsc01921

Dsc01920_2

汗ダクで石炭をくべる乗務員さん、私達は楽しいけど大変だろうな~。

Dsc01915_4


客車の一番前と後ろの車両は展望ラウンジになっていて、景色を楽しめます。

渡駅から約2時間半のSLの旅をゆっくりと満喫し、列車は熊本駅に到着。
すると降りたホームにこんな列車が!

Dsc01928


熊本→宮地間を運行する、観光列車あそぼーい!(キハ183系気動車)

Dsc01929


イメージキャラクターの「くろちゃん」が描かれていてめっちゃカワイイ~♪
車内には子供が楽しめる設備がいっぱいあるようで、子供も喜ぶし
親御さんも周りに気兼ねなく遊ばせてあげられるスペースがあるのは助かるのでは。

私はもう立派な大人だけど・・・遊んでみたい(笑)
九州は私が乗ってみたいと思う列車がいっぱいあって、鉄子のパラダイスや~。

絶対また来るぞ、待っとれ九州!
そんなこんなで今回の鉄子の部屋は終了です。

« 2-2=0 | トップページ | 1失点だよ、おっかさん! »

鉄子の部屋」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、熊本の鉄道でブログ検索していて見つけました、Masahikoといいます。

鉄道旅が好きで福岡を中心にあちこちでかけているけど、実は渡駅は実家の最寄り駅であって、実に懐かしく拝見しました(まあちょくちょく帰省しているけど・・・^^;)。九州の鉄道はまだまだ魅力的になっていくので(!)、ぜひまた遊びに来てください。

僕のブログでも、鉄道旅についていろいろ書いています。

Masahikoさん、初めまして!コメント有難うございました。

渡駅の近くにご実家があるんですね~、懐かしく見て頂けたなんて光栄です♪
九州の鉄道は本当に魅力的ですよね~!
乗ってみたい電車が山ほどあって、困ってしまうくらいです(笑)

また絶対に遊びに行きたいと思いますので、その時はお勧めなんか教えて下さい(^O^)/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529486/52316926

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄子の部屋・熊本編:

« 2-2=0 | トップページ | 1失点だよ、おっかさん! »