2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月

神戸牛食べ放題に満腹

夏の連戦のラストのお相手は神戸。
なぜかあまり相性の良くない相手、そしてなにやら最近調子よさげ。
ガンバの皆さんは疲れもたまってるだろうし、下平は怪我で離脱だし、
スタジアムに行ってみればピッチコンディションは最悪と、不安要素も多かった。

そして今回はバックスタンドでの観戦。
いつもゴール裏で歌いまくっているのに、耐えられるのだろうか?
そんな不安とも戦いつつ、試合はキックオフ!

結果は皆さんご存じのように完勝、完封。NO、ストレス。
私も周りの静けさはものともせず、歌い続けてはしゃげました。
4得点で無失点、格の違いを見せつけての圧勝でお腹いっぱい。
御馳走様でした~♪


それにしてもガンバが二試合連続で無失点なんて・・・変な感じ。
普段、失点が多すぎるannoyと怒ってる割には、無けりゃ無いでなんか尻がむず痒いって、
私って一体何なの?
ま、今回は相手が悪すぎただけかもやけどw

何にしても、これで夏の連戦の締めくくりを最高の形で終える事ができた。
選手達にはしばし休養を取って、リフレッシュしていただきたい。
そして、私達サポも。

最後に、専属カメラマンから届いたフタの写真をお届けしてお別れ。

「よっしゃ!決まった!!」
ジョンヤ:「フタさん、ここは反則っすよ~」
勇人:「あ~、それは無いわ~」

Dscn3006_r_4

ガンバが柄にもないことに

昨日万博で行われた柏との頂上決戦にきっちり勝っちゃって、単独首位に躍り出た。
それも何と無失点で!!・・・柄にもない事しやがって、気持ち悪いぞ、この野郎♪

前半はレイソルの早いプレスにボールを失う場面が多く、不安な立ち上がり。
特に智の危ないミスが続き、ハラハラさせられる。
攻撃面ではそう怖さも無かったが、こちらもチャンスを決めきれず点が取れない。
これは1点を争う試合になるのだろうか・・・?
前半は0-0のまま、折り返し。

後半、珍しく西野が早々に動く。
イ・グノに替えて、平井。ほどなくスンヨンに替えて、大塚投入。
挙句の果てにはフタに替えてアフォンソ投入という、パロプンテ的な采配を発動。
ここから、(この采配が裏目に出なきゃいいけど・・・)と思った私の心配は、
一気に吹き飛ぶ事となる。

81分、大塚が放ったシュートは相手選手に当たりながらもゴールに吸い込まれ、
ようやく、ようやく欲しかった先制点!それも大塚のリーグ初得点!!
喜びに湧き上がり、飛び跳ねるゴール裏。
その興奮も冷めやらぬ83分、アフォンソが一度はボールを失いながらも再度取り返し、
中央でフリーだったショーキにパス、これをきっちり決めて追加点!

試合は残り5分ほど、こっから3失点はさすがに・・・無いとは言い切れないw
しかしガンバにしては珍しく、危なげなく試合をクローズし、柏との首位攻防戦を制した。

厳しい日程だった8月の試合も、残すは日曜日の神戸戦のみ。
毎試合応援に駆け付けてる私にも、相当疲労は溜まっているのだから、
選手達の疲労は、想像を絶するものだろう。
だけど9月に入れば日程的にも落ち着くし、後もうひと踏ん張り!
もちろん神戸にも出向くので、きっちり勝ってもらってこの夏の連戦を締めくくりたい。

地獄経由、天国行き

先週土曜日に行われた川崎戦。
その週の水曜日に名古屋との大一番を戦い、中二日と言う厳しい日程、
さて、どうなることやら・・・。

試合が始まると、案の定重苦しい立ち上がり。
川崎にペースをつかまれ、先が心配になったにも関わらず先制したのはガンバ。
更に追加点を挙げ、30分までにに2点のリード。

まあ、このまま終るとは思ってない、とりあえず最悪でも1点取られるくらいで折り返し・・。
2-1・・・ま、仕様やからわかってたけど・・・、2-2・・・何のために2点リードしたねん、
意味無いやないか!!前半の内にまた振り出しに戻るとはあほくさすぎるわ。
2-3・・・ふ・ふざけるなー!!!( ゚皿゚)キーッ!!

前半残り15分ほどで3失点し、逆転されて折り返すってどういうことやねん!?
一気に地獄へ突き落されたような気分でハーフタイムを迎える。
きっとその時の私は、閻魔さまも逃げ出すほどの凄まじい形相だったはず。

抑えきれないほどの激しい怒りを持て余しつつ、後半へ突入。
すると、万博に救いの天使が舞い降りた。大天使・家本様。

ゴール裏の私達でもPK??と思う判定で、後半早々に怒れる我らに点をお与えに。
そして2枚目のカードで退場と言うおまけ付き♪

これがこの試合を決めたと言っても過言ではない。
その後しばらくこう着状態が続いたが、
ショーキとスンヨンに替えてフタと明神を投入すると、明さんのミドルで勝ち越し!
更にラッフィーニャが2発かまして、ハットトリック。
終ってみれば6-3の圧勝。
試合終了時は、天にも昇る気分・・・♪ハーフタイムの怒りはどこへやら(笑)

でも勝ったとはいえ、家本様のPKが無かったらどうなっていたかわからない。
そう思えば余りにお粗末な失点の仕方は、海より深く反省して欲しい。
ま、反省してみたって修正できないんだろうけどw

痺れながらも・・・勝点1

お盆休みのしょっぱなに大阪ダービーがあったもんで、つい放置してましたw

今更振り返っても勝てなかったという事実は変わらないのでやめとこかな。
ダービーにおいては、勝ち以外になんの価値もないので。

それにしても腹立たしいのは大阪プロレスの連中。
次の日の一大イベント「大阪ハリケーン」のPRも兼ねて来よったんやろうけど
そんな事とはつゆ知らず、そのチケット買ってた身にもなってみやがれ!

「ガンバ大阪?知らねーなー!」
と言われて見に行く気がしますか?ってんだ。バーカ。
だからと言って、むざむざと¥3000のチケットを無駄にするのも癪なんで行ったけど、
長居に来てたやつらにはすべてブーイングしてやったさ。なんか文句ある?

「大阪プロレス?知らねーなー!」

さて、今日は暫定首位の名古屋との対戦。
ここで勝てば首位に躍り出ることができるんだし、何が何でも勝ちたい試合。

いや~、痺れましたよ。
流れるような攻撃への連動、美しくて思わずうっとり♪
これがあるからガンバサポはやめられない、ある意味麻薬か!?
負ける気はしなかった・・・結局勝ちもしなかったが。

前半ロスタイムに我らのラフィーニャが決めて先制して折り返すも、
後半耐えきれず失点、スンヨンのゴールで勝ち越すも、
やっぱり耐えきれず追いつかれドローで終了。

内容的には勝てた試合だと思うので、悔しさが残る。
しかし、結果的には勝点1しか得ることはできなかったにしても、、
天王山に相応しい痺れる試合を見れたことには満足している。

次の土曜日はもう川崎戦。
今年の川崎はちょっと読めない感があるけど、勝つしかない。
2005年以来取れていないリーグの頂点を今年は取りたい。
とにかく勝点を積み上げていくだけ。

フォルツァ ガンバ!!

爆発させよ、若妻パワー

やっと見れました、生ラフィーニャ~♪

先日の日曜日に行われた福岡戦で聖地万博デビュー。
前の2試合で活躍していることもあって、生で彼のプレーを見るのを楽しみにしてました。

試合自体は力の差は歴然としていながらも、ガンバも省エネモード。
生ぬるく時間が経過する展開で正直見ていて面白い試合ではありませんでしたが、
前半にラフィにゃんが3試合連続となるゴールを決め、そのまま折り返し。

後半、気迫のグノのドリブル突破からのパスに合わせられなかったショーキの代わりに
福岡の選手がゴールに押し込んでくれて追加点。
そして・・・ぬあ、ぬあ、ぬあ~んと、無失点!!( ゚д゚)うそーん で勝利。

福岡よ、ガンバ相手に1得点もできないようじゃ到底J1では生き残れないのである!キリッ

しかし、ラフィーニャいいね~。
足元の技術もしっかりしててボールが治まるし、フィジカルも強くてキープ力が有り、
視野が広くて周りを使える、今のところ欠点らしい欠点が見当たらない。

まだ加入して間もないのにこの働きっぷり、もっと周りとの連携が深まってくれば、
相当活躍してくれそうな予感♪ こりゃ来年相当高く・・・いやいや
先発出場でも90分通して動けるパワーの源は、やっぱ噂の18歳の若妻?
多くのガンバサポの男性陣が、相当羨ましがってるご様子。

さてさてその若妻パワー、まだ余力があるとお見受けします。
できればそれを、ぜひ次のダービーで大爆発させていただけませんでしょうか?
ACLの借りをたっぷり利子をつけてお返ししないといけませんので・・・。
もちろん、遠慮は要りません!思い存分暴れて下さいませ。

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »