2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

ミラクルは待ってても来やしない

先週の土曜日に行われたホーム最終戦の仙台戦。
お天気は最高で、日中は日向だと暑いくらいの観戦日和だった万博。
これで今年の万博観戦も終わり、一年がほんとあっという間に過ぎ去っていく。
そして今年は10年間指揮を取り続けた西野監督の最後の万博とあって、より感慨深い。

来季への動きが何かと取りざたされてはいるけれど、今はそれは置いといて、
目の前の試合に勝つしかないと、気合充分で臨んだ試合。
しかしそんな私達の意気込みとは別に、出だしからペースが上がらないガンバ。
仙台の組織的な守備と運動量に阻まれ、なかなか自分達のペースに持ち込めない。
これはどうでも先制しないとキツすぎる、何とか先制点を~!!

すると願いが通じたのか前半25分、藤春からのクロスにグノがヘディングで先制。
ようやく、キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

そのまま後半へ突入。
しかし運動量が衰えない仙台相手に、追加点どころかいつ失点するかもわからない状況。
最後の最後までハラハラしどうしだったが何とか1点を守りきり、らしくない勝利。

・・・心臓に悪すぎるっちゅーの、ホンマ。

こうなると気になる他会場、名古屋は勝っちゃったものの、お隣さんが頑張ってくれて
柏は引き分けで終了。
この結果によって最終節までアレの行方はもつれ込むこととなった。
今回だけはお隣にお礼を言いたい。ま、出来れば勝って欲しかったけどw

さあ、これで舞台は整った。
しかしミラクルは待ってても来やしない、自分達で掴まないと。
最終節での勝利は必須、でないと何も起こりはしない。
日本平で富士山をバックに皿を掲げる姿を、どうか目の前で見せて下さい。
私は2005年の優勝の時は現地で見れてないのです。

もちろんただでとは言いません。
死ぬ気で応援しますから。
ここ何年かの私の悲願だったリーグ優勝の為なら、何でもしますから。

まだ終わっちゃいない

雨が降りしきる新潟で、絶対に勝たなければいけない試合をギリギリ引き分けて、
他力でしか可能性のないアレを、自力でほぼ手放すという結果には腹も立ったが、
それでもまだ完全に終わったわけじゃない。

可能性がゼロになるまでは、諦めない。いや、諦めたくない。
私に出来るたった一つのこと、「応援すること」に全力を尽くすから、
残り2節、とにかく私たちが納得のできる試合を見せてください。
たとえ結果がどうであれ、それなら受け止められると思うから。

清水との最終節。
ピアの先行抽選販売で多めの手数料を払ってでも手に入れたかったチケット。
その前にゲームアウトになっては欲しくない。
日本平で歓喜の涙を流しながら富士山を眺められる事を、切に祈ります。

雷神終戦

やっとこの時期らしい気温になってきた大阪。
昨日の万博はナイターと言う事もあり、かなりの冷え込み。
これは必要と、去年買った天皇杯仕様の雷神参戦マフラーを意気揚々と出してきたのに、
一回こっきりしか使わずに終るとは・・・!

完敗と言えるようなお粗末な内容で、あっけなく今年の天皇杯終了。
水戸の方がどれだけ運動量も豊富に、全員が集中して120分を戦い抜いたかは、
この結果が物語っているだろう。

さて、これでガンバにはもうリーグしか残ってない。
そこは肝に銘じて残り三節、とにかく全力で戦う姿を見せて欲しい。
とりあえず、まずは大白鳥の羽をむしりとってこいや~!!

ヤットは名DF!?

11月だと言うのに、夏の様な暑さの万博。
でも地球はどうかなっちゃったのかと言う心配より、目の前の鹿島戦の方が大事。
10/2の浦和戦から一カ月ぶりの万博、そして相手がどこであれ負けられない一戦。
燃えないはずが無い。

前半はこないだナビスコで延長までいってたんちゃうん?と言いたくなるほど
運動量豊富な鹿島のペース。
なかなかボールを保持できず、チャンスが作れない。
数々のピンチがガンバゴールを襲い、危ない~!と叫び声をあげまくる。
ガヤの好セーブやポストくんにも助けられたが、それ以上に目についた男。
そう、それは遠藤保仁。

なぜか再三最終ラインまで下がり、ピンチとなるとバタバタしがちなDF陣を尻目に、
冷静な判断でのパスカットやディフェンスでどれだけ助けられた事か!
もしかしてヤットってやろうと思えばどこでも出来たりして・・・。

ヤットがきっちり守備をするときは本気モード。それは大いに心強かったし、
鹿島相手に先制されてはいけないという意志は痛いほど見えましたが、
加地の代わりに武井が右SBに入ってて、フタも出停でいない状態で、
ヤットが守備に奔走すると前への推進力がどうしても乏しくなってしまう。
前半はヒヤヒヤの連続でしたが、何とか凌ぎ切り0-0で折り返し。

優勝には絡んで無くても、さすが鹿島はやらしい戦い方してくるな~、
これは何が何でも先制しないとドツボに嵌められそう・・・。

後半に入り西野が早々に動き、スンヨンに替えて右SBに加地を投入。
武井のポジションが上がった事で、前目でのプレスが効きだしてガンバペースに。
すると藤春からのドンピシャクロスにラフィーが頭で合わせて待ちに待った先制ゴール
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

狂喜乱舞のゴール裏、この1点は大きい!!
しかし失点は茶飯事のガンバの事、さあ、ここからどうする!?
ハラハラは収まらず見守るも、追いつかれる前に西が二枚目のイエローで退場。
これで数的有利に立ったガンバ。
先制したのが有利となり、何とかそのまま試合をクローズ。

1-0で勝利やってさ、なんか鹿島みたい♪

結果的には柏も名古屋も勝ったんで、順位に変動は無かったけど、
ここで負けてたらほぼ「アレ」戦線から脱落しちゃうので本当に良かった~。
次は新潟アウェー、曲者的な匂いはしますが自力優勝は無いんで負けたら終わり。
現地には応援に行けないけど、大阪から全力で応援します!!
残り3試合・・・最後に笑ってるのは私達だと信じて。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »