2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

襟を正してお出迎え

今季初戦のACL浦項戦の試合終了時のブーイングは半端なかった。
そしてリーグ初戦の神戸戦の時も盛大なブーイングが湧きあがったものの、
浦項の時よりは若干勢いなかったように思えた。
そして長居での試合後は、明らかにブーイングが減少。
絶対負けてはいけない大阪ダービーで負けたというのに・・・?

そして昨日の磐田戦の試合後。

多少のブーイングも上がっていたものの、どこか力なきもの。
もちろん大して代わり映えのしない内容で5連敗という結果が情けなくて、
そんなものする気にもならないという方も多かったのかもしれないが、
選手たちにブーイングしたところで抜本的な問題が解決しない限り何の意味もない、
と、頭を抱えていた人も多かったのではないかと私は思う。

私は元々、選手に対してはよほどの時で無い限りブーイングはしない方だ。
だからやみくもなやり方には同意しかねるが、ガンバが不甲斐ない試合をした時に、
「頼むからしっかりしてくれよ!」という、選手を鼓舞する意思表示を込めたブーイングは、
いわば愛情表現の一つじゃないかと思っている。
それが万博のゴール裏から消えてしまうのだろうか?

と、ここまで今日の昼休みに行き場の無い想いをPCに向かってぶつけ、
後は家に帰ってから仕上げるかと思ってたら、いきなり目に入ったニュース。

「セホーン&ロペス解任、山本弱化部長辞任、後任の監督は松波」
・・・、・・・・、ウヒョー!!(*≧m≦*)

どんより曇った空がいきなり晴れ渡るように、心に重くのしかかっていた物が
その瞬間一気に消え去ったような爽快感が体を駆け抜けた。
そして今までまったく忘れ去っていたワクワク感が蘇ってきた。

松波ガンバに変わったからといって、すぐに結果が出るとは限らないが、
私達の心に希望のともしびが灯ったのは確か。
さあ、皆で襟を正して新しい監督を迎えようじゃないか。

・・・って、まさか襟付きでないと万博入場不可とかいうドレスコードできたりしないよね?

光が見えない

長居でガンバが負けるのを見たのは初めてだった。
嬉しそうにはしゃぐピンク達を見たくなくて、ずっと宙を見つめていた。
悔しすぎて何も言葉が出てこない・・。

まだ先の長いリーグ戦の一試合に過ぎないとはいえ、やはりダービーというものは
勝ちしか意味がない試合。
そう思えば、たとえ後半ロスタイムに向こうに決められなかったとしても、
たぶん引き分けで終わってたと思うので、最良の結果は得られなかった訳ね(-"-)

今回は連合の方々の多大なるご努力により、サポーター全員で力を合わせ
少しでも選手たちを後押ししようと大がかりなコレオを作成。
いい雰囲気でダービーを盛り上げただけに、何がなんでも勝ちたかった・・!

と、ダービー後ここらへんまで書いたものの、最後まで書き上げる気力が湧かないまま、
昨日のACLアデレード戦を迎えてしまった。
何とかこの試合が起爆剤になってくれたらとの願いも込めて、
どこかのスポバで観戦しようと試みたものの、色んな要素が重なり断念。

だから試合は見れてないけど、情報を収集してみると見るも無残な試合だったとか・・。
何も変わらない、同じようなことの繰り返し。なぜこんなことになっちゃたんだろ?
今は連敗の怒りより、ガンバはこの先どうなってしまうのかという焦燥感の方が強い。

それでもいつか、光は見えてくるのだろうか?

ちょいと腹をくくってみた

先日の土曜日に万博で行われたリーグ開幕の神戸戦をこの目で見届けた後、
これは男らしく(?)しばらくは腹をくくって成り行きを見ていかないといけないかなと思った。

浦項戦に続いての3失点、違ったのはパウリーニョとラフィの2ゴールだけど、
それも個の力って感じで流れの中で崩しての得点だった訳では無かった。
そしてセホーンの交代カードの切り方も、何がしたいのかよ~わからん!

ま、そりゃガンバは去年まで西野が10年間監督を務めて作り上げてきたチーム。
それがいきなり解任、後任は呂比須だ、いやセホーンだとさんざごたごたして
今シーズンを迎え、それで最初からすんなり上手くいくほど甘くは無いという事でしょう。

現時点では、良い方向に向かうイメージが全く浮かばないガンバですが、
次はダービー、こんな時に絶対に負けたらいかん試合がw
もちろん精一杯の後押しはするつもりではいますが、正直厳しい試合になるかと。
何はともあれ、気持ちの入った試合を見せて欲しいと願うのみです。

(・・・ってか、いい加減勝利を見せてくれっちゅーねん!!)

あ、あれ?くくったはずの腹が一瞬ぼよん!とメタボみたいに緩んだ・・(汗)

目覚めのキツ~イ3発

くらってきました、万博でw

2011年12月3日、リーグ最終戦を終え例年になく長いオフに入ったガンバと共に
私も完全オフモードに突入。
どうせシーズン始まったら、また何だかんだと振り回される日々が続くので
少しガンバと離れてリフレッシュ期間が必要と、あまりガンバ情報も積極的に収集せず、
ペナコメールも流し読み程度と言う冬眠生活。
(鳥栖とのPSMの時に一瞬起きたけど、試合を見てまだ起きてなかった事にした)

しかしいよいよ昨日、ACL浦項戦でガンバの2012年シーズンが始まるってんで
ようやく冬眠から目覚め、青黒の戦闘服に身を包み万博に向かった私。

久しぶりに降り立つ公園東口、ズラッと並ぶ美味G横町、
そしてその向こうには照明に照らされた万博スタジアム。
いつも思うけど、毎年最初の万博に行った時は特別感慨深く感じる。
あ~、今年も始まったんだな、と。

いつもの観戦メンバーとも顔を合わせ、いつものように応援が始まる。
しかし今年はチャントの大幅変更があり、もちろん予習などしていなかった私は
時々歌詞カードを盗み見ないといけない状態でグダグダw

しかしそれ以上にガンバが・・・(-"-)

連携がかみ合わない、ミスが多い、前にボールが行かない、こねくり回す、
奪われる、みたいな悪い時のガンバ満載で、ストロングストレスフル~!!

何とホーム初戦だと言うのに3失点無得点で完敗と言う、情けない結果で終了。
正直いいとこな~んも無し(-"-)
この先が思いやられる結果に意気消沈も、まだたった1試合が終わったばかり。
ペナコじゃね~けど切り替えていくしかないか、土曜日にはリーグも始まるしねぇ・・。

最後に雑感。
コールリーダーが「ぶちかませ!いてこませ!」のチャントを好きすぎるw

« 2011年12月 | トップページ | 2012年4月 »