2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 光が見えない | トップページ | 躍動の兆し »

襟を正してお出迎え

今季初戦のACL浦項戦の試合終了時のブーイングは半端なかった。
そしてリーグ初戦の神戸戦の時も盛大なブーイングが湧きあがったものの、
浦項の時よりは若干勢いなかったように思えた。
そして長居での試合後は、明らかにブーイングが減少。
絶対負けてはいけない大阪ダービーで負けたというのに・・・?

そして昨日の磐田戦の試合後。

多少のブーイングも上がっていたものの、どこか力なきもの。
もちろん大して代わり映えのしない内容で5連敗という結果が情けなくて、
そんなものする気にもならないという方も多かったのかもしれないが、
選手たちにブーイングしたところで抜本的な問題が解決しない限り何の意味もない、
と、頭を抱えていた人も多かったのではないかと私は思う。

私は元々、選手に対してはよほどの時で無い限りブーイングはしない方だ。
だからやみくもなやり方には同意しかねるが、ガンバが不甲斐ない試合をした時に、
「頼むからしっかりしてくれよ!」という、選手を鼓舞する意思表示を込めたブーイングは、
いわば愛情表現の一つじゃないかと思っている。
それが万博のゴール裏から消えてしまうのだろうか?

と、ここまで今日の昼休みに行き場の無い想いをPCに向かってぶつけ、
後は家に帰ってから仕上げるかと思ってたら、いきなり目に入ったニュース。

「セホーン&ロペス解任、山本弱化部長辞任、後任の監督は松波」
・・・、・・・・、ウヒョー!!(*≧m≦*)

どんより曇った空がいきなり晴れ渡るように、心に重くのしかかっていた物が
その瞬間一気に消え去ったような爽快感が体を駆け抜けた。
そして今までまったく忘れ去っていたワクワク感が蘇ってきた。

松波ガンバに変わったからといって、すぐに結果が出るとは限らないが、
私達の心に希望のともしびが灯ったのは確か。
さあ、皆で襟を正して新しい監督を迎えようじゃないか。

・・・って、まさか襟付きでないと万博入場不可とかいうドレスコードできたりしないよね?

« 光が見えない | トップページ | 躍動の兆し »

ガンバ大阪」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/529486/54312305

この記事へのトラックバック一覧です: 襟を正してお出迎え:

« 光が見えない | トップページ | 躍動の兆し »